スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん患者さんのためのセミナー

保健師の永井杜椛(とも)です。
今回は、告知です

10月14日、岐阜県川島町のエーザイ川島工園にて、がん患者さん、ご家族向けのセミナーの講師をします。

詳細は、こちらをご覧下さい! → 第2回 がんサポートデイ

スポンサーサイト

岐阜県養老町 ぽんサロン 6回目

こんにちは。健康支援ディアス 保健師の永井杜椛です

船戸クリニックには、月1ペースで通うようになりました。
ぽんサロンのファシリテーターは、私の元気の源となっています
今回は、どんなことをやってるか、細かくご紹介します

まずは恒例の自己紹介。
前から知ってる人も、はじめましての人も、円になって座った中心にバスケットがあるのをイメージして、そこに言葉を入れていく感じで話してもらいました。
サロンはわかち合いの場、誰が主役でもリーダーでもなく、居心地のいい場ができていきます。

ぽんサロンには、がんや難病の患者さんと、船戸クリニックのボランティアサポーターの方が参加されます。
ボランティアサポーターの方たちは、ご自身の闘病経験や家族を支えた経験などを生かし、今、病気と闘っている患者さんを支えたいという、すばらしい方たちです。
私はそんなみなさまのためのファシリテーターをICサポーター養成講座の経験を生かしてさせて頂くご縁を頂きました。

そして、回を重ねるごとに、ボランティアサポーターのみなさんの自己紹介が変化し、自分のための自己紹介が、みんなのための自己紹介になりつつあります
初めて参加した患者さんは自己紹介で緊張しますが、誰かと共通点を見つけると、ほっとします。
安心・安全の場をみんなで創っていきます

今回は久しぶりに筋膜のセルフマッサージで顔と上半身をほぐしました。
このマッサージでお肌がプルプル、美しくなったYさんのように、みんなでもっと美しくなろうとイメージ♪
体がほぐれ、リラックスしたあと、今回のテーマである「気づきのワーク」をしました。
Aさんが「今、あなたは何に気づいていますか?」という質問を繰り返し、Bさんがその瞬間瞬間に気づいたことをただ、言うだけ。これが、やってみるとなかなか、気づけない?!
気づきには3領域があります。五感を使って感じる外界の気づき、自分の体の内部で感じている内界の気づき、自分の頭の中で考える空想活動の気づき。
この3領域は変化しながら連続して気づいていることがわかります。
ワークは、みなさんとっても楽しそうでした♪。
どんな気づきでも、それはあなたからわいてきたもの。それに善し悪しをつけず、あるがままの瞬間瞬間を感じ、気づく。トレーニングすることで、瞬間の気づきを高めることができます。気づけるようになると、人の話を聴く「傾聴」も楽になります。
私たちは、今、ここを生きている。かけがえのない存在です

その後はシェアや質問や、信頼できる仲間だからこその話もつきませんでした。
人生の先輩方の前では、やっぱり教えてもらうことの方が多かったです。

私が毎回お伝えしていることの多くは、コミュニケーションスキルです。
他者との、自分自身との、コミュニケーションが上手くとれると、楽しくあるがままで生きられる。
すでにそれらを経験から得られているみなさまですが、新しい発見があることも☆。
そして、スキルはスキル。どんなに磨いても、やはり愛と感謝と素直な心で生かすことができたらステキです

次回、ぽんサロンの私の担当は、10月20日です
お問い合わせは、船戸クリニック 生きがい統合医療センター。
電話 0584-35-3511

岐阜県養老町 ぽんサロン3回目

昨日は、岐阜県養老町にある船戸クリニック主催のがんサロン、「ほのかにぽんサロン」でした。

私の担当は3回目。おいしいドリンクを飲みながら、ゆるい感じで語り合う場です。
私はファシリテーターとして、わかち合いの場に寄り添います。
あっという間の1時間。

ただただ、ありのままの私です。
そういさせてくれるのは、参加されるみなさま
いつも、ありがとう

今後の私の担当は、7月14日、21日、8月4日です。

岐阜県養老町 ほのかにポンサロン ファシリテーター

岐阜県養老町にある、船戸クリニック 横の 生きがい統合医療センター 1階、レストラン「穂の歌」で、毎週水曜日14時から、がんサロンが開催されています。
このサロンは、がん患者さん・ご家族と、がんや難病などの経験者で、ご自身の経験を生かし、ボランティアをしたいと思っている「ぼらんちゃん」の方々が参加されるというもの
船戸先生の温めてきた想いがつまっています

19日、私はファシリテーター(進行役)をやらせていただきました。
私が師匠のもとで学んだファシリテーターとは、参加者が考えることができるように質問を投げかけたり、意見を明確にしたりまとめたり・・・。その場所で心を開いて自分のことを考えることができるようにお手伝いする人。
単なる進行役でもなく、権威的な指導者でもなく、参加者と同じ位置で、参加者の主体性を上手に引き出し、コミュニケーションを円滑にする役割の人 参考文献:指導者である前に支援者であれ-自己決定権を尊重する援助- 村田陽子著。
なにかいい話が聞けるかも・・・と、参加された患者さん、主役はあなたです

船戸クリニックにはなくてはならない存在、スタッフの宮ちゃんが、サロン後にメーリングリストに流してくれました。宮ちゃん、ありがとう

昨日は雨の中、ほのぽんさろんに来てくださってありがとうございました。
スーパー保健師、永井杜椛さんの「あなたに寄り添う」は、お絵かきタイムもあって、楽しいひとときでしたね。
最初に、自己紹介と、最近あった良いことを聞かせて、と言われて・・良いことを思い出すのに、つい眉間にシワがっ?!って場面もありました。
脳の働きにも触れて、楽しいこと、嬉しいことを思い出そうとすると、脳の照準がそこへ向いて、より楽しいことを引き寄せる・・とか・・
脳に暗示をかけるように、難しい・・けど、今はその方法を知らないだけ。
無理・・でも、これからできるかも・・と考えると、脳がそのように働きだすのだそうですよ。
ここで、「寄り添う」に戻って・・
寄り添いたい、と思っても、良いと思う寄り添い方は、人によって違います。その違いを理解した上で、そのミゾの埋め方、コミュニケーションのとりかたなどについて、これから先の、杜椛さん担当ぽんさろんで、伝えてくださるそうですよ。
どうぞお楽しみに☆


次回、私の担当は6月2日です。

プロフィール

スーパー保健師tomo

Author:スーパー保健師tomo
私は保健師・看護師・ケアマネジャーです。社員研修、地域の健康づくり教室などの講師をしています。
メタボ予防、メンタルヘルス、子育て、生きがい・介護予防・・・講演のテーマはいろいろですが、医学のベースから、大切ないのちについてを扱います。ありのままの自分にOKを出し、その人らしく生き生きと生活できる、自分自身の心と身体の健康を大切にできる人を支援します。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。